食の好みを分析

我流・ダイエット体験談

食の好みを分析

私は、ベジタリアンです。

といっても、そういう「主義」なのでなく、本当に偏食で、肉が嫌いという
タイプのものなので、肉は30年以上食べていません。

ですから、たんぱく質を摂るなら、魚か豆製品になってしまいます。

炭水化物はどれも好きです。

大阪に行けば、間違いなくたこ焼きとお好み焼きを食べますし、得意料理の
イタリアンでも、パスタという炭水化物の塊が存在します。

意識しなければ簡単に摂取量が増える、そんな栄養の一つが炭水化物ですから、
意外に食べていたのではないかと思います。

お菓子は前途の通り、大好き!

この世にチョコがなくなったら私は生きていけなくなります。

野菜…これはものによりけりです。

ダイエットをするなら、いつも以上に野菜は食べた方がいいんだろうなぁという
予測はついたので、好きな野菜に関しては、そのまま食べ続けていいのだろうと
思いました。

アルコールは一切飲みません。

アルコールも大嫌いなので、アルコールで太ることも人生では考えられないことです。

そうすると、主に食べるものは炭水化物と糖分の多いもの、それに多少の野菜と、
納豆などの少量の大豆製品、ということになります。

これは、大いに改善しなければならないと、すぐにわかりました。

毎日の食事内容を見直すのは、ダイエット計画には大切だ、と今でも思います。

ダイエット決意前の見直し

実践したダイエットメニュー

ダイエットの知恵袋

私だから言えること

copyright 2011-2014 我流・ダイエット体験談 All Rights Reserved.