激ヤセと激太り

我流・ダイエット体験談

激ヤセと激太り

私はかつて痩せすぎていて、それを解消するために増量計画を実行しました。

およそ10年前の夏だったと思います。

その時は、お腹が空いたら高カロリーのものを食べ続けて、1ヶ月に7kgの増量に
成功しました。

しかし、同時に問題が起こりました。

3kgくらい増量した頃、夜中に突然寝返りを打てなくなったのです。

トイレに行きたくて目覚めてしまったのですが、どうやっても関節が言うことを
聞いてくれず、30分くらい時間をかけてゆっくり起き上がって、何とかトイレに
行きました。

その時は原因がわからなかったのですが、後で、体に脂肪がついた分だけ負担が
かかるようになっていて、関節が耐えられなくなっていたのだと気づきました。

同様のことが、3月に激太りした時にも起こりました。

これはあくまで急激に太った時の例ですが、同様に急激に痩せても、体に負担が
かかります。

人は1kg太るごとに、6kgもの負担が膝や腰の関節にかかるそうです。

逆に1kg痩せたら、6kg分の負担が減ります。

足腰の関節は、私たちが思った通りには動いてくれず、急激な変化に耐えられない
ものです。

負担が急激に減れば、体がふわふわして、今度は転倒などを引き起こす原因になります。

内臓への負担も相当なものになるでしょう。

その意味で、ダイエットで急激な減量をするのはよくないと思います。

私がストイックにダイエットに励まなかった理由も、実はそこにあったんです。

ダイエット決意前の見直し

実践したダイエットメニュー

ダイエットの知恵袋

私だから言えること

copyright 2011-2014 我流・ダイエット体験談 All Rights Reserved.